モンスターカレンダー

 2013年5月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2013年5月 9日アーカイブ

キャッシングサービスを利用したことがない方の中には、「キャッシングをしたら自己破産してしまう・・・」「1日でも返済が遅れたら、取立屋が来るのでは・・・」といった心配をしているケースもあります。
新生銀行のレイクを利用して、自己破産してしまうかどうかはケースにもよると思いますが、一時的に利用する分には何ら問題はないと思います。
自己破産をする程に残高が増えてしまうケースは、生活費の水準をキャッシングによって上げている場合になると思われます。
たとえば、月に20万円で生活をしている方が、生活水準を上げるために月に3万円のペースでキャッシングしていった場合、返済額に見合った収入を増やさない限り残高を減らすことは出来ないと思います。
逆に、病気や事故などのように突発的に発生する大きな出費に対しては、支払いを何回かに分けて行った方が生活は安定すると思います。
考え方としては、保険などは事故や病気が起こる前に支払いを行い、イザというときに保険会社から支払いをしてもらうのと同じで、キャッシングの場合は、イザ急な出費が必要になったときに借入れを行い、その後、何回かに分けて返済をしていくことになります。
保険の場合は「前払い」になり、キャッシングの場合は「後払い」という違いだけの問題になります。
また、「取立屋が来るのでは・・・」という心配は、レイクに関してはまったく心配をする必要はありません。
レイクは、新生銀行のサービス名になりますので、銀行が違法な取り立てを行うことは考えられませんし、これまでも事例として一つもありません。
しかし、新生銀行レイク以外のサラ金などに関してまでは把握することは出来ませんが、このような取り立ての規制も強化されていますので、少なくなってきているのは事実だと思います。
キャッシングの価格である「利息」が高いかどうかも計算をしてみると、すぐに自分で判断することができると思います。
たとえば、レイクから10万円のキャッシングをして、10回払いで返済をするケースでは、利息額は8,195円になります。
これは、怪我や病気などで入院したときの費用を1回で支払わないといけないものを10回に分けることができる代金が8,195円というようにも考えることができます。
大きな出費があるときに何回かに分けて返済することができるサービスがキャッシングサービスで、利息額がその価格と考えると、利用した方がお得かどうかの判断ができると思います。
新生銀行レイクの利用申込みが完了すると、必要なときにキャッシングできるので非常に便利になります。
急な友人の結婚式や車の故障など、まとまったお金が必要なときにレイクのキャッシングを利用すると、友人などに借金をする必要もありません。
一般的には、キャッシングの利息は高いものだという認識がありますが、新生銀行が提供するキャッシングサービスですので、とても利用しやすい利率になっています。
また、初めてレイクを利用する場合には「5万円まで180日間無利息」あるいは「金額に関係なく30日間無利息」のいずれかのサービスを選択することができますので、非常に利用しやすい環境が整っているといえます。
また、レイクのキャッシングを申込むと、会員専用の携帯サイトを利用することができますので、キャッシングや返済まで、非常に便利に行うことができます。
ここで、注意する必要があるのは、レイクから送られてくるメールを確実に受け取るために、「@lake.jp」からのメールを受信できるように設定しておかないといけません。
レイクの携帯サイトにログインするには、一般的なID・パスワードを入力するタイプではなく、生年月日とパスワードのみでログインできる「クイックログイン」という機能が使えるので、ログイン時のストレスも少なくなっています。
他にもキャッシングを行う前に、返済計画に無理がないかどうかを判定する「返済シミュレーション」なども利用することができます。
この返済シミュレーションを使うことで、借入れ額に対して月々の返済額や返済回数などの条件が変わったときの変化をすぐに知ることができます。
また、もしレイクの利用申請をしていないのなら、携帯サイトから利用申請の申し込みもできるようになっていますので、アクセスしてみるといいと思います。
このときの申し込み方法も2種類あって「携帯画面で審査結果を確認できるタイプ」と「入力項目を9項目に減らし、オペレーターによる結果の連絡」を待つ方法があります。
携帯画面で審査結果を確認するためには、やや多めの情報を入力する必要がありますが、入力が完了したらすぐに携帯の画面に「キャッシング可能額」などが表示されます。
これに対して、9つの入力項目を入力するだけで、他の項目はオペレーターからの連絡によって口頭にて伝える方法があります。
いずれの方法も、簡単に申込みをすることができますし、その日のうちにキャッシングすることができるのでおすすめです。

お金を借りる方法の種類

カードローンはそのカードの種類が沢山あって、どのカードがどうなっているのか分かりにくいですよね。
でも基本的なことを理解しておけば、名前を見ただけで大まかな概略は想像できます。
 
まず、カードローンは大きく分けると3つの種類があります。
銀行系カードローン、消費者金融系カードローン、信販会社系カードローンです。
細かく分けるともう少しありますが、この3つを覚えておけば問題ありません。
 
まず、銀行系カードローンについて。
銀行が管理運営しているカードローンのことです。
銀行が運営しているということで信頼度は抜群です、そして金利も他に比べて低いのが特徴ですね。
 
次に、消費者金融系カードローンです。
消費者金融系カードローンの特徴は審査が厳しくないことです。
審査時間も短く、すぐに借入することが出来ます。
逆に金利は高めに設定されています、このことからすぐにお金が必要な場合に短期的に借入する場合に便利です。
 
最後に、信販会社系のカードローンです。
カードローンの手続きさえしておけば、好きなときに限度額の範囲ないで借入できます。
ATMさえあればすぐに引き出せるため非常に便利です。
 
そして3つに共通していることが、基本的に使用用途は制限が無いということです。
このように母体となる会社によって若干の違いがありますので、自分に合ったカードを選ぶようにしてください。