モンスターカレンダー

2013年5月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

買い物とレイクのキャッシングの違いは?の最近のブログ記事

キャッシングサービスを利用したことがない方の中には、「キャッシングをしたら自己破産してしまう・・・」「1日でも返済が遅れたら、取立屋が来るのでは・・・」といった心配をしているケースもあります。
新生銀行のレイクを利用して、自己破産してしまうかどうかはケースにもよると思いますが、一時的に利用する分には何ら問題はないと思います。
自己破産をする程に残高が増えてしまうケースは、生活費の水準をキャッシングによって上げている場合になると思われます。
たとえば、月に20万円で生活をしている方が、生活水準を上げるために月に3万円のペースでキャッシングしていった場合、返済額に見合った収入を増やさない限り残高を減らすことは出来ないと思います。
逆に、病気や事故などのように突発的に発生する大きな出費に対しては、支払いを何回かに分けて行った方が生活は安定すると思います。
考え方としては、保険などは事故や病気が起こる前に支払いを行い、イザというときに保険会社から支払いをしてもらうのと同じで、キャッシングの場合は、イザ急な出費が必要になったときに借入れを行い、その後、何回かに分けて返済をしていくことになります。
保険の場合は「前払い」になり、キャッシングの場合は「後払い」という違いだけの問題になります。
また、「取立屋が来るのでは・・・」という心配は、レイクに関してはまったく心配をする必要はありません。
レイクは、新生銀行のサービス名になりますので、銀行が違法な取り立てを行うことは考えられませんし、これまでも事例として一つもありません。
しかし、新生銀行レイク以外のサラ金などに関してまでは把握することは出来ませんが、このような取り立ての規制も強化されていますので、少なくなってきているのは事実だと思います。
キャッシングの価格である「利息」が高いかどうかも計算をしてみると、すぐに自分で判断することができると思います。
たとえば、レイクから10万円のキャッシングをして、10回払いで返済をするケースでは、利息額は8,195円になります。
これは、怪我や病気などで入院したときの費用を1回で支払わないといけないものを10回に分けることができる代金が8,195円というようにも考えることができます。
大きな出費があるときに何回かに分けて返済することができるサービスがキャッシングサービスで、利息額がその価格と考えると、利用した方がお得かどうかの判断ができると思います。

MTBlog50c3BetaInner

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.13-ja